400.jpg
Tag Official Site OPEN!!

http://tagsax.com

2014年10月27日

秋のTag 祭り 1

「秋のTag祭り」と題してお送りした
10月のTag LIVEが一段落しました
お越し下さった皆様
携わって下さった皆様、本当にありがとうございました(^〜^)

諸々の準備でなかなかBlogが書けなかった
10/17(金)「Sing A Saxophone」から
24(金)25(土)の阿佐ヶ谷JAZZストリートまで

その時々の興奮が蘇る感じで
お伝えして行こうと思いますm(_)m

10/17(金)下北沢SEED SHIP

久しぶりに音を出させていただいたSEED SHIPは
やはりイメージ通りの趣きのあるスペースでした

IMG_3315.jpg


とにかく生音が気持ち良く響く!!
リハーサルの時点では多少響き過ぎて
「少しうるさいかな?」などと心配していましたが

ご来場くださった皆様が着席し
本番の第一音を発した時には
「まろやかな響き」に変化しておりました

来るべき方がこの場に居てくださって
初めてこの会場の「音」が完成するのだ!!と
驚くと共に、とても感慨深かったです
また一つ、好きな要素が増えましたm(_)m

空間、生音、グランドピアノ、シンプルなパーカッション

これらを使ってどんな事が出来るのか!?
自分に考えられるアイディアを総動員して

「いかに皆様にお楽しみいただくか?」
をという点を重要視し、構成を考えました


[Set List]

Bach (無伴奏)
In the (Solo)Soup(独りオーケストラ)
My Cherie Amour(囁く笛とピアノ 香りパーカッション添え)
Foot Print(利き酒ならぬ利き曲 1 Tag オリジナル)
Foot Prints(利き曲 2 Wayne Shorter )
Sad Fine day (所縁の詩に思いを馳せ…+ 利き音 カーブドソプラノ)

(小休止)

Duke' s Lagoon(Granite)
音に漂う香りの為のパヴァーヌ (静寂と情熱)
Night in Tunisia (Guitar Tatti 飛び入り)
Funk Star (作用と反作用)

IMG_3340.jpg

楽曲の後ろの()の中の言葉は
その曲を取り上げ、今回演奏する上での
コンセプトや狙いです(そしてボケ少々…笑)

MCでは自分なりに説明したつもりですので
お越しくださった方にはお分かりいただける物もあるかな?

今回残念ながらお越しいただけなかった方は
ぜひぜひ想像してみてくださいませ
この企画、季節のご挨拶的に続けたいと思っておりますので
次回開催をどうぞお楽しみに!!!(^〜^)

自分としては今回思い描いたコンセプトは
概ね「形」として提示出来たので
今後の自信に繋がるんじゃないかな?


IMG_4499.jpg

メンバー Piano 岡崎崇さん、Perc 千葉まさみさん
お二人の素晴らしいサポートにも感謝です!!
遊びに来て飛び入りしてくれた
GuitarのTattiも(^〜^)ありがとう!!

皆様、ありがとうございましたm(_)m
posted by Tag at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/407806322
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。